1. HOME>
  2. 観光情報・特産品>
  3. 大沼、神仙沼、長沼、シャクナゲ沼
景勝地
大沼
大沼

 標高850m、卵形の水面にイワオヌプリや緑の木々を映し出す。

ニトヌプリとワイスホルン、イワオヌプリに囲まれてたたずむ沼で、五色温泉郷から湯本温泉郷までの13.5kmの「ニセコ沼めぐりコース」を五色温泉郷側からスタートすると初めて出合う。湖面には荒々しい山容を見せるイワオヌプリなど、四季折々に変化する森の姿を映すが、特に秋の紅葉時期が美しい。エゾサンショウウオが生息している。

神仙沼
神仙沼

 高山植物に囲まれた神秘の湖。
 太古の時代から脈々と息づいているアカエゾマツなどの原生林と、高山植物に包まれた幻想的ともいえる湖。数多いニセコの湖沼群の中でもいちばん美しいといわれるこの湖で、日常生活を忘れる夢のような時間を過ごしたい。

長沼
長沼

 ひょうたん形の開放的な湖。
 周辺を原生林に覆われているにもかかわらず、なぜか開放感に満ちた雰囲気の長沼。標高780mの爽やかな涼風を楽しんでください。

シャクナゲ沼
シャクナゲ沼

 ニセコ山系の縦走路を北西に向ったところにあるシャクナゲ岳。その頂上への道の途中にある沼で、ゴツゴツとした岩と緑に囲まれた姿が美しい。アヤメが群生している。

※「用語解説」についてのお問合せページ