1. HOME>
  2. らんこしの紹介>
  3. まちの歴史(平成10~18)

まちの歴史

平成10~18

年号 西暦 蘭越のできごと
平成10 1998 1・17~19
第30回北海道中学校スキー大会クロスカントリー競技大会 において、蘭越中学校盛合陽行が優勝。
2・1
第35回全国中学校スキー大会で6位に入賞。
1・29
蘭越町をふくむ後志と胆振支庁管内の16市町村で構成するニセコ・羊蹄・洞爺周辺地域が、「総合保養地域整備法」(通称リゾート法)の指定を受ける。
2・13
第4次蘭越町総合計画策定のため、町総合計画審議会を設置。
3・21
第14回チセヌプリジュニアジャイアントスラローム競技大会。
4・1
妊婦ホームヘルパー派遣事業、子育て支援短期利用事業を始める。
4・12
第16回蘭越町ニセコ連峰歩くスキー大会(参加者約1,000人)。
6・19
町議会議員の定数を18人から16人にする条例を施行。
7・18
尻別川北電蘭越発電所ダム下流左岸で発見された化石が、200万年~300万年前の海牛(かいぎゅう)の化石であることが判明。
8・1
交流促進センター「幽泉閣」の宿泊棟と駐車場が完成、全面オープンとなる。
8・4
三和地区みどりを守る会は、前年度からとりくんできた「ほたるの古里構想」の第一歩として、ヘイケほたるの成虫2,000匹を「よしくに自然公園」特設ハウスに放ち、6日に観螢会を行う。
8・15~17
第11回蘭越夏まつり。
8・30
蘭越高等学校創立50周年記念式。
9・17
第12回ツール・ド・北海道国際大会第2ステージ、国道5号・道道蘭越新見線を通過。
9・22
蘭越町玄米バラ受調製施設竣工式(吉国)。
10・5~18
らんこし米のテレビコマーシャル(STV)を放映。
10・27
金田正一まちづくり講演会(山村開発センター)。
平成11 1999 1・6~15
蘭越中学校生徒11名、アメリカカリフォルニア州において海外研修。
2・16~22
蘭越高等学校生徒5名(引率教師2名)、姉妹都市サールフェルデン市を訪問。
2・27
開基100年の町のシンボルマークとキャッチフレーズ(歴史に感謝を 未来に夢を)に石坂寿一の作品が決まる。
4・4
第17回蘭越町ニセコ連峰歩くスキー大会(参加者約900人)。
5・16
開基100年記念事業として"NHKのど自慢"(宮川アナウンサー、ゲスト橋幸夫、瀬川瑛子)公開録画を総合体育館で開催。
6・27
NHK総合テレビ、衛生第2テレビ、ラジオ第1放送により全国に放映(送)。
7・26
99夏期ラジオ体操会を蘭越町総合公園野球場で開催(NHKラジオ第1放送で全国に実況放送)。
8・1
○開基100年記念式典(山村開発センター)。
○蘭越町開基100年記念碑(役場前庭)、蘭越町発祥の地記念碑(名駒町)除幕式。
平成12 2000 7月
蘭越町保健福祉センターが完成
10月
開基100年の森公園パークゴルフ場が完成
平成13 2001 3月
名駒小学校が閉校
11月
北海道代行事業により「栄橋」が完成
平成14 2002 3月
湯里小学校が閉校
10月
蘭越ふるさと学習館がオープン
12月
蘭越町一般廃棄物最終処分場竣工式
平成15 2003 10月
道の駅「らんこし・ふるさとの丘」がオープン
11月
町道御成吉国線パンケ大橋が完成
平成16 2004 4月
介護予防拠点センターみなと竣工式
9月
昆布活性化センター竣工式
平成17 2005 10月
道の駅「シェルプラザ・港」がオープン
平成18 2006 10月
蘭越町民センターらぶちゃんホール竣工式
平成19 2007 9月
コミュニティプラザ花一会が図書館としてオープン
平成20 2008 3月
港小学校が閉校
5月
北海道洞爺湖サミット記念町民植樹会開催
7月
蘭越保育所竣工式

※「用語解説」についてのお問合せページ