1. HOME>
  2. らんこしの紹介>
  3. まちの歴史(平成2~3)

まちの歴史

平成2~3

年号 西暦 蘭越のできごと
平成2 1990 1
小山田前町長夫人、ルーブル美術館収蔵絵画(模写)10点を町に寄贈。
2・20
青年模擬議会を開催(山村開発センター)。
3・21
チセヌプリジュニアジャイアントスラローム競技大会。
4・13
アスパラガス生産出荷組合設立総会(役場会議室)。
4・29
第8回蘭越町ニセコ連峰歩くスキー大会を開催(参加者1,000名)。
4
役場、第2、第4土曜日を閉庁。
5・6
木彫組合の木彫販売店、湯里駐車場公園にオープン。
6・1
町民プールオープン。
7・1
ニセコゴルフ・リゾート竣工式(字栄)。
7・11~13
第5回こぶし杯ゲートボール大会(山村広場)。
7・29
全道鮎釣り選手権大会(尻別川)。
7・30~31
ダイワ鮎マスターズ全国決勝大会(尻別川)。
8・5
蘭越ホバークラフトクラブを結成。
8・14~16
第3回蘭越夏まつり。
8・17~19
当別町で行われた第41回全道青年大会バレーボール競技
9・16
和歌山県周参見町「イノブータン王国」キララ王妃(ぬいぐるみ)一行来町。
10・4
町内9校から選ばれた5、6年生30名による「小学生サミット」山村開発センターで開催される。
10・10~19
サールフェルデン親善視察団、姉妹都市サールフェルデン市を訪問。
10・30
JR札幌駅イベント広場で「蘭越町・米と温泉フェア」を開催。
11・1
ヘルシーランドらんこし主催、第1回温泉めぐり健康講座を開催(新見温泉)。
11・15
北海道主催第2回地場農産加工品コンクールにおいて、「しめじ、しいたけ、山菜三升漬」デザイン賞を受ける。
11
らんこしメロン出荷額、1億円を越える。
12・3
貝の館起工式(港町)。
12・10
北海信用金庫前にイルミネーション点灯。
12・13
蘭越町ボランティア活動登録者連絡会設立。
12・19
JR目名駅舎(待合所として使用できる町民サロン併設)完成。
この年
◇実照寺(相生)廃寺となり、33観音を寿都町真言寺に移す。
平成3 1991 1・5~6
藤島獅子舞保存会(十和田市)の一行9人が豊国を訪ね、大南部神楽と交流を行う。
1・27
第2回しりべし国際フォーラム開催(公民館)。
2・2
○中村メイコ講演会(山村開発センター)。
○山村広場にスケートリンクオープン。
2・3
第1回蘭越サーモンカップクロスカントリースキー大会(山村広場)。
3・2
第3回札幌地区「蘭越ふるさと交流会」(札幌ローヤルホテル)。
3・9
千代田リゾート株式会社事務所開設。
3・11
第3次蘭越町総合計画を承認。
8月 『リバーフロントタウンらんこし』として発刊。
3・21
チセヌプリジュニアジャイアントスラローム競技大会。
3・28
女性の目から見たまちづくり討論会を開催(役場会議場)。
4・14
第9回蘭越町ニセコ連峰歩くスキー大会を開催(参加者1,100名)。
7・10~12
第6回こぶし杯ゲートボール大会(山村広場)。
7・29
貝の館開館式。
8・3
湯山別橋竣工式。
8・7
岩内町で開催された後志管内市町村サミットで、宮谷内町長知事へ要望を述べる。
8・12、14~17
第4回蘭越夏まつり。
8・14
第1回港町花火大会。
9・6
谷和原村(茨城県)村長ら4名、蘭越町を訪問。
9・13
御成小学校、全道へき地複式教育研究後志大会の会場校(管内11会場)となる。
9・17
川上開拓碑除幕式。
10・7
総合体育館落成記念式
10・9
女子バレーボール国際親善大会(イトーヨーカドー対中国福建省チーム)
10・20
○第1回「カムバック・サーモンフェスティバル名駒」を開催。
○小樽・全後志対抗柔道大会を総合体育館で開催。
10・27
第2回東京地区「蘭越ふるさと交流会」(マリナーズコート東京)。
11・20
落語家林家こん平講演会(山村開発センター)。
12・4
蘭越町の消防自動車を、ギニア共和国コナクリ市に寄贈、引渡式を行う。
12・16
蘭越市街街路灯点灯式。
12・26
町営チセヌプリスキー場オープン。
コース拡張、フード付2人掛用リフト新設。
12・30
ふれあいの郷とみおか(貸別荘型宿泊施設)オープン。

※「用語解説」についてのお問合せページ