1. HOME>
  2. らんこしの紹介>
  3. まちの歴史(昭和55~56)

まちの歴史

昭和55~56

年号 西暦 蘭越のできごと
昭和55 1980 1・4
名駒消防会館落成式。
1・5
蘭越消防団蘭越分団の分団旗できる。
1・8
蘭越町機動職業訓練校開校式。
2・26
公民館において、入江徳郎(TBS解説委員)の講演会開催。
3・22
12月より始めていた幽泉閣(昆布)のボーリングで、毎分270リットル、湯温47.6度の湯脈を掘り当てる。
3・23
立川小学校閉校式(3月31日閉校)。
3・26~29
蘭越産米改良協会(会長小山田末通)、小樽市・今井デパートで行われた米フェアに、蘭越米(キタヒカリ、ユウカリ)約600キログラムを出荷、好評を得る。
3・30
大谷地区に農村研修センター完成(6月使用開始)。
4・1~2
蘭越町農協、後継者対策として札幌、小樽などから若い女性を招待、スキーにより地元青年とのふれあいを図る。
4・13
第13回チセヌプリサマーアルペン(大回転)競技大会。
4・20
昆布小学校、名駒小学校で、学校開放を始める。
5・25
黒松内町で行われた後志陸上競技春季加盟団対抗で、蘭越陸協が3年連続優勝。
6・7
岩手県都南村から、新生活運動の視察研修団47名来町、公民館で交流を行う。
7・26~27
町内子供会(蘭越ユネスコ子供会、大谷青空子供会、緑ヶ丘子供会、昆布風の子子供会)と札幌北区子供会との交流会をチセキャンプ場で行う。
8・31
蘭越町家畜商組合ばん馬大会(蘭越下尻別川堤防敷地 参加頭数約50頭)。
9・16
蘭越町冷害対策本部を設置。
この年の冷害による農作物被害見込み額5億195万9,000円に及ぶ。
9・17~19
全国へき地教育研究大会が後志17町村で開かれ、湯里小学校「読書教育」の会場校となる。
10・1
第13回国勢調査が実施され、人口前回(昭和50・10)より519人減少し、8,055人となる。
11・8
蘭越町花いっぱいの会結成式。
11・25
国鉄営業体制近代化問題対策協議会を、山村開発センターで開催。
11
蘭越しめじ生産施設完成。
この年
◇開基80周年記念映画「豊かな四季のふるさと らんこし」完成。
昭和56 1981 4・12
第14回チセヌプリサマーアルペン(大回転)競技大会。
4・29
大平長治(讃岐)、100歳の誕生日を迎え、後志一の長寿者となる。
5
ファミリー少年教室(5月から10月まで毎月1回)を開設。
6・18
堂垣内知事、特別養護老人ホーム一灯園と北海愛星学園を慰問。
7・26
札幌北区子供会と蘭越ユネスコ、大谷青空子供会の交流会(チセキャンプ場)。
7・30
札幌新琴似地区子供会と昆布風の子、緑ヶ丘子供会の交流会(同)。
8・12~14
第1回蘭越町産業まつりを開催。
8・14
港小学校開校100周年記念式。
5・9
開校100周年を記念し、サケの稚魚1,500尾を放流。
8・21~24
台風15号の影響で降り続いた雨は168ミリを記録、住宅被害、農業被害、土木被害など、総額23億1,600万円の被害となる。
8・30
全後志短歌会(公民館)。宮谷内誠子第一席に選ばれる。
8
三和地区に簡易水道敷設。
9・6
一灯園で、入園者とその家族、地域の人たちとの交流会を開催。
9・9
室蘭・大洗間フェリー航路開設促進期成会発足。
10・27
雪秩父において、小樽市民との蘭越米試食懇談会が行われる。
11
林業研修センター落成。
12・22
蘭越町表彰条例を制定。
この年
◇水田利用再編第2期対策始まる。
水田の転作 837ヘクタール。
◇全道大鋸屑栽培コンクール個人の部で、伊藤博がナメコ栽培で2位に、団体の部で、田下しめじが3位に入賞、その優秀さが認められる。
◇湯里小学校、教育環境整備優良校並びにこども銀行で表彰を受ける。
◇蘭越小学校校舎部門が完成、第2学期から授業を開始。

※「用語解説」についてのお問合せページ