1. HOME>
  2. らんこしの紹介>
  3. まちの概要
まちの概要
|まちの概要|産業生活福祉健康年金教育観光財政行政略史
まちの概要
位置・地勢

  本町は、後志支庁管内の南西部に位置し、周囲をニセコ連峰等の山岳に囲まれた盆地を形成しており、町の中央を道南最大の河川「尻別川」が東西約30kmにわたり貫流し、日本海に注いでいる。また、その流域に広がる平坦地は、肥沃で水田の耕作に適しており、ここで生産される蘭越米は良質美味で道内外で好評を得ている。気候は比較的温暖であるが、冬は積雪量が多く、特別豪雪地帯に指定されている。

北緯 42度38分 東経 140度21分

   42度54分    140度38分

東西 23.2km   南北 31.1km

 


花木
こぶし

 「こぶし」は、風雪に耐えて春一番に白い美しい花を咲かせます。数多く蘭越に自生しており、春耕の時期を知らせる花として古くから町民に親しまれてきました。(昭和60年12月23日制定)

 


町章
蘭越町章

 中央の花は、高貴にして優雅な蓉楽蘭の花を図案化し、周囲の円はカタカナの「コ」の字を四つ組み合わせて蘭越としたものです。町民は常に明るく優雅で気品にあふれた蘭の花のように心美しく団結し、一円融和の精神で、蘭越町の躍進、発展を表現したものです。(昭和29年12月1日制定)

 


町名の由来
町名の由来

 明治32年、尻別村(旧磯谷村、現寿都町の一部)から分村して南尻別村となり、昭和29年12月1日、町制施行にあたって役場所在地が蘭越にあることから町名を蘭越町と改称し現在に至っています。蘭越とは、アイヌ語の「ランコ・ウシ」が訛ったもので、桂の木の多い所という意味です。

 


土地 (平成20年1月1日現在 固定資産概要調書)
総面積 449.68km²
主な地目別面積
宅地
池沼
山林
35.2km²
9.66km²
3.19km²
0.04km²
186.82km²
牧場
原野
雑種地
その他
 
1.84km²
33.01km²
5.19km²
174.73km²
 
 


気象 (平成22年 気象庁蘭越アメダス観測値)
平均気温
最高気温
最低気温
8.0℃
32.5℃
-18.5℃
降水量
日照時間
最深積雪
1,486mm
1,288.6hr
168cm
 


人口 (住民基本台帳人口 平成23年11月末現在)
総人口
世帯数
5,334人
2,558人
2,776人
2,372世帯
年齢別人口
区分
総数
年少人口(0~14歳)
606人
309人
297人
生産年齢人口(15~64歳)
2,979人
1,517人
1,462人
老年人口(65歳以上)
1,749人
732人
1,017人
5,334人
2,558人
2,776人
国勢調査人口(平成22年10月1日)
総人口
世帯数
人口密度(人/km²)
5,292人
2,539人
2,753人
2,129世帯
11.8
産業別就業人口(平成22年国勢調査)
区分
総数
構成比
第1次産業
756人
430人
326人
29.5%
第2次産業
378人
310人
68人
14.7%
第3次産業
1,431人
718人
713人
55.8%
2,565人
1,458人
1,107人
100%
 

※「用語解説」についてのお問合せページ