1. HOME>
  2. らんこしの紹介>
  3. 略史
略史
略史
明治5年
箱館支庁管轄となり横澗、島古丹、能津登、尻別の4カ村に戸長を置いた。
明治32年
尻別村から分村、村名を「南尻別村」とし、現名駒町に戸長役場を置く。
明治35年
横澗、島古丹、能津登、北尻別の4カ村合併して2級町村制施行、村名を「磯谷村」とした。 
明治37年
目名、蘭越、昆布駅の開駅。
大正3年
村役場を蘭越に移転。
昭和22年
地方自治法の改正により初の村長公選。
昭和29年
村名を「蘭越村」と更改され、同時に町制施行。
昭和39年
蘭越町公民館落成。
昭和42年
蘭越町民歌、らんこし音頭制定。
昭和44年
オーストリア共和国、サールフェルデン市と姉妹都市締結。
昭和48年
羊蹄山ろく消防組合が、山ろく7カ町村をもって発足。
昭和51年
蘭越中学校発足(6中学校を統合)、スクールバス運行開始。
昭和60年
役場新庁舎が完成。町民憲章、町の花・木を「こぶし」と指定。
平成4年
北海道第1号となる「高齢者生活福祉センター(めな)」が完成。
平成10年
交流促進センター「幽泉閣」宿泊棟、駐車場が完成し全面オープン。
平成11年
開基100年記念式典を挙行、各種の記念事業を実施。
平成13年
北海道代行事業により「栄橋」が完成。
平成18年
蘭越町民センターらぶちゃんホール落成。

※「用語解説」についてのお問合せページ