1. HOME>
  2. 移住定住のご案内>
  3. 移住・定住のご案内

 

定住促進条例について
                                       


蘭越町では、移住・定住に向けた支援を実施しています。
 




1 空き家改修事業


空き家の利活用を促進するため、改修し、買い手もしくは借り手がこれから移住してくれる場合、最大で100万円を助成します。  

                       


 

●要件  町内の業者が空き家を改修。

本町に定住を確約できるⅠ・Uターン者が所有又は、蘭越町空き家利活用事業に登録した物件の所有者(ただし、不動産業や、住宅販売業者等は除く)。
●内容 補助対象額が50万円以上の工事で、補助対象額の2分の1を補助し、上限は100万円。

住宅エコ化支援事業とも併用可能。
●提出書類                                                   


 対象者 Iターン者及びUターン者 貸し出そうとする者、又は売り出そうとする者
申請書類   申請書(様式第4号

事業計画書(様式第4号の2

定住確約書(様式第5号
  申請書(様式第6号

事業計画書(様式第6号の2

確約書(様式第3号
共通書類   工事見積書

図面

着工前写真

その他町長が特に必要と認める書類
 


 対象者 Iターン者及びUターン者 貸し出そうとする者、又は売り出そうとする者
実績報告 事業実績書(様式7号の2

住民票(世帯全員)
事業計画書(様式第7号の3

賃貸又は売買契約書の写し

賃貸又は売買契約に基づく賃借人又は買受人と

その世帯の氏名一覧表
共通書類 報告書(様式第7号

工事代金領収書写し

工事施工箇所の着工前及び完了後の写真 
      


●申請の期限


申請の日から1年以内に工事が完了すること
●提出先 総務課 まちづくり推進係 電話:0136-57-5111(内線231)
                                                        


2 無料職業相談事業


定住を希望される方と人材を求める町内事業所のマッチングを図り、定住人口の増加と人材不足にある事業所を支援します。

                        


 

●内容  定住希望者及びI・Uターン求職者等への職業紹介及び求人者への求職者紹介。

求人情報の収集と提供、求職者への職業相談など。
●様式 求人票(様式9号

求職票(様式10号
●提出先 総務課 まちづくり推進係 電話:0136-57-5111(内線231)


3 移住お試し体験事業


蘭越の魅力を肌で感じてもらうため、「ふれあいの郷とみおか・ひので」での滞在費用の3分の2補助します。

                        


 

●宿泊場所  「ふれあいの郷とみおか」又は、「ふれあいの郷ひので」
●要件 宿泊期間は、5泊以上1カ月以内

20歳以上の町外者で、3年以内に移住を検討している方

町のアンケートや交流事業に参加すること
●交付内容 宿泊費(暖房料を含む)の3分の2で、上限10万円を補助(千円未満端数切捨て)
●提出書類 申請書(様式第14号

宿泊費の領収書の写し

住民票の写し(世帯全員)

振込先金融機関がわかる書類
●提出先 総務課 まちづくり推進係 電話:0136-57-5111(内線231)


4 新規就農奨励金






●対象者  本町に定住する新規就農者で、農地法又は農業経営基盤強化法に基づき農地を取得し、又は農地の使用収益権を有している者。
●奨励内容 24万円分の現金を交付する。
●提出書類 蘭越町定住促進条例新規就農奨励金交付申請書(別記様式第1号の2

農地売買契約書(写)又は農地賃貸借契約書(写)

世帯全員の住民票(写)

定住の意思確認書(様式第6号
●申請の期限 農地法又は農業経営基盤強化法に基づく農地取得又は農地の賃貸借を行った日から3月以内
●提出先 農林水産課 農業指導政係 電話:0136-57-5111(内線270)


5 農業大学校等修学事業






●対象者  本町に定住し、かつ、卒業後において本町で農業に就職するため、北海道農業大学校等に入学した者。
●奨励内容 農業外学校等に入学した者に対し、年額24万円を助成する。ただし、助成する対象年限は大学校等の修学年限以内とする。
●提出書類 蘭越町農業大学校等修学助成金交付申請書(別記様式)

合格通知書(写)
●提出先 農林水産課 農業指導政係 電話:0136-57-5111(内線270)


6 誕生祝い金






●対象者  本町に居住し、かつ住民登録されている者で、新生児を養育するもの。
●奨励内容 次の各号に掲げる区分により現金を交付する。

(1) 第1子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3万円

(2) 第2子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3万円

(3) 第3子以上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5万円
●提出書類 蘭越町定住促進条例誕生祝い金交付申請書(別記様式第1号の6

世帯全員の住民票(写)

母子手帳の出生証明書(写)
●申請の期限 出生届を提出した日から1月以内
●提出先 住民福祉課 福祉係 電話:0136-57-5111(内線234)


7 ふれあい定住住宅地貸付事業






●対象者  本町に定住を確約できるUターン者等で、契約締結後2年以内で自家住宅を建築する場合。
●奨励内容 20年間無料で貸付し、20年後に安い価格にてお譲りします。
●提出書類 蘭越町ふれあい定住住宅地貸付申請書(様式第1号)

申請理由書

住所移転等確約書

住宅建築計画書

所得を証明する書類

保証人となる予定者名簿



定住住宅地 イメージ 蘭越町ふれあい定住住宅地 貸付事業の公募



蘭越町では、過疎化に伴う定住化対策として宅地の無料貸付を行っています。



お申し込みに関するお問合せ先:

蘭越町役場 総務課 企画防災対策室 まちづくり推進係

TEL 0136-57-5111 (内線)231

 
田舎で家を建ててみませんか!

宅地を無料でお貸しします

 
現在募集している区画(1区画)



第8区画 写真 第8区画(270.46m2



第8区画 図面
<制度の概要>

町外の方で蘭越町に永住を希望し、2年以内に自家住宅を建設出来る方に、20年間無料で宅地をお貸しして、20年後に安い価格にてお譲りする制度です。





貸付場所 JR蘭越駅より徒歩3分
募集区画数 1区画

16区画中15区画は決定済み(平均面積 320m2 96坪)

東京都・大阪府・埼玉県・札幌市等から定住されております。
貸付期間 20年間
上下水道 完備 敷地内道路(町道舗装済み)
保証金 100万円(契約の時に一旦預けて頂きますが、20年後に全額お返しします。)
応募資格 20歳以上の町外者で、配偶者か扶養親族を有する方とします。


貸付地 地図 貸付地 地図 貸付地 地図


住宅地の位置:北海道磯谷郡蘭越町蘭越町852番地
 




 





 


8 空家情報
蘭越町では、空家利活用情報提供事業 を実施しております。
<事業の趣旨>

蘭越町の豊かな自然と和やかでぬくもりのある蘭越町での生活を希望される方々に、空き家に関する情報を提供し、定住の促進を図ることを目的といたします。

<事業の仕組み>

1.蘭越町内の空家情報を収集し、当該所有者の承諾をいただき、物件を台帳に整理します。

2.賃借等希望者の募集活動を行います。

3.賃借等希望者からの空家物件への問い合わせに対して対応いたします。

4.町は、情報提供及び連絡調整のみを行います。

5.物件所有者と賃借等希望者で行う物件の交渉及び契約行為は、両者間のみで行うこととします。

<その他>

町内に空家をお持ちの方で登録を希望される方、又は空家情報をお持ちの方は、様式「蘭越町空家情報提供調書」に記入の上、総務課企画防災対策室まちづくり推進係又は、各場出張所へ提出してください。

 
蘭越町空家情報提供調書(空き家を売りたい・貸したい方)の様式は下記からダウンロード出来ます。





Wordファイル

様式(Word)
一太郎ファイル

様式(一太郎)


 

 

現在の空家登録件数は下記の6件です

(H30.9.18現在)

 

akiya-17.jpg

 

物件番号17番の印刷は_こちら

 

 

akiya-19.jpg

物件番号19番の印刷は_こちら

 

 

akiya-20.jpg

物件番号20番の印刷は_こちら

 

akiya-27.jpg

物件番号27番の印刷は_こちら

 

akiya18-1.jpg

 物件番号18-1の

 

・写真はこちら ・間取りはこちら ・印刷はこちら

 

 

 

18-2mukaida(hp).jpg

物件番号18-2の

 

・写真はこちら ・間取りはこちら ・印刷はこちら

 

 

 



 

<本事業に関するお問い合わせ先>

蘭越町役場 総務課 企画防災対策室 まちづくり推進係

TEL 0136-57-5111(内線230・231)

FAX 0136-57-5112 

 

 

 

このページのTOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「用語解説」についてのお問合せページ